細山熱器はガス湯沸器、電気湯沸器などの販売・開発、メンテナンスをご提供いたします。

TEL: 03-3249-0331

活用実績
work

飲む

調乳用電気湯沸器

■設置先
某病院

■用途
赤ちゃん用のミルクを大量に作る為の湯沸器です。

■こんな要望に応えました
・一度に沢山お湯が使いたい
・安全なお湯を使いたい
・RO水(純水)を使用したい

□温度を下げない
従来の貯蔵式湯沸器は、湯を使った分だけ水が入ってくる機構になっています。
湯と水はタンク内で層になりますので、直ちに湯と水が混ざる訳ではありませんが、大量にお湯を使うと温度が低下いたします。

この場合、温度が低下した際に、既定の調乳温度を下回る恐れがあります。
(WHO/FAO調乳ガイドライン)
朝一番に40L程、熱湯をご使用になられたいとの事でしたので「使い切り仕様」に変更しました。
これによって、湯を使い切るまで給水されない為、沸かした熱いお湯のまま温度低下することなく大量にお湯を使用する事ができます。

□低い温度のお湯を出さない
温度が低下した場合や、沸上がってない場合は、センサーにより再度、高温になるまでお湯が出ない様に制御しています。調乳に適した安全な湯が使用可能です。

□RO水(純水)対応
RO水での調乳をご希望でしたので、水位センサーを通常の導電性センサーからフローセンサーに変更し、通常、感知できないRO水の水位も感知が出来るようにしました。

□楽に操作
一定水位以下になると、残量注意のランプが点灯し、その後出湯をストップし、給水が始まります。
給水・給湯共に電磁弁を採用している為、バルブ操作することなく、楽に給水・出湯管理が出来ます。
また、電磁弁や各種部材、可能な限りステンレス製の部品を採用し通常よりも高品質な製品になっております。

□一日一回水入替
より衛生的な給湯を実現する為に、一日一回、深夜にタンク内の水を総入れ替えする仕様です。


・WHO/FAO共同作成の調乳ガイドラインに適合。
(給湯温度だけでなく、30分に1回再加熱します。)