お知らせ

トップページ > お知らせ

RSS

>>

2014/04/22

ゴールデンウィークの営業のお知らせ

いつも大変お世話になっています。
ゴールデンウィークの営業は下記の通りとなりますのでよろしくお願いします。

4月26日(土)、27日(日)休み
4月28日(月)通常営業
4月29日(火)休み
4月30日(水)通常営業
5月1日(木)、5月2日(金)通常営業
5月3日(土)から5月6日(火)休み

5月7日(水)より通常営業となります。尚、連休明けは修理依頼が集中して
対応にお時間を頂く場合もありますのでご了承ください。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。
>>

2014/04/02

エコンバスターが紹介されています。

当社で開発しました小型密閉燃焼器「エコンバスター」搭載の食洗機が
紹介されています。開発の経緯などもありますので是非ご覧ください。

http://eee.tokyo-gas.co.jp/saitekichubo/
>>

2014/03/26

消費税率改定のお知らせ

拝啓 早春の候、貴社ますますご発展のこととお喜び申し上げます。
日頃は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。

さて、皆様すでにご承知の通り2014年4月1日より、消費税率が5%
から8%に引き上げられます。

つきましては、誠に恐縮ではございますが、当社製品におきましても
2014年4月1日出荷分より、消費税8%にてご請求させて頂きます。

何卒ご了承賜りますよう宜しくお願い申しげます。
                                        敬具
>>

2014/02/17

厨房設備機器展明日からです。

東京ガス、日本洗浄機、ウインターハルター各社のブースでエコンバスターが展示されます。
各ブースにてご来場をお待ちしています。

http://www.jma.or.jp/hcj/jp/visit/index.html
>>

2014/02/13

日本初 燃焼式小型ヒーター「エコンバスター」内蔵の業務用食器洗浄機の開発について

2014年2月13日



日本初 燃焼式小型ヒーター「エコンバスター」内蔵の業務用食器洗浄機の開発について



東京ガス株式会社
細山熱器株式会社
日本洗浄機株式会社


東京ガス株式会社(社長:岡本 毅、以下「東京ガス」)、細山熱器株式会社(社長:細山 欣也、以下「細山熱器」)、日本洗浄機株式会社(社長:中川 幹夫、以下「日本洗浄機」)は、日本で初めて、燃焼式小型ヒーター「エコンバスター」※1を内蔵した業務用食器洗浄機(以下「本製品」)を共同で開発しました。日本洗浄機は、本製品について、2014年5月1日(火)に販売を開始します。

業務用食器洗浄機は、飲食店などの調理施設において食器を洗浄するために使用される機器です。本製品と同タイプのボックス型食洗機(ドアタイプ食器洗浄機)は、国内出荷台数18,841台、業務用食器洗浄機全体の64%(台数ベース)を占め、ファストフード、ファミリーレストラン、居酒屋をはじめとする飲食店、介護老人保健施設等の福祉施設、保育園、小規模従業員食堂等で使われています※2。従来は、事前にお湯を作る機能である「ガスブースター」で、食器の汚れを落とすための60℃の洗浄湯(すすぎ湯は80℃以上)を作り、洗浄タンク内で食器を洗浄するとともに、洗浄タンク内の電気ヒーター等で洗浄湯の保温を行う方式が一般的でした。
本製品では、洗浄湯を貯める洗浄タンクと、その内側にすすぎ湯を貯めるすすぎタンクを配置する二層構造としました※3。ガスバーナーとそれを覆うステンレス製の筒で構成した燃焼式小型ヒーター「エコンバスター」をすすぎタンク内に内蔵し、ガスバーナーで高温に熱した筒の壁面からの伝熱によって、すすぎタンク内の温水を加温し、すすぎ湯を作ります。さらに、高温のすすぎタンクの壁面からの伝熱によって、洗浄タンク内の洗浄湯を保温します。
その結果、本製品は、従来品と比べ、CO2排出量を約12%、一次エネルギー消費量を約12%、年間光熱費を約12%、それぞれ削減できます※4、5。また、立ち上がり時間も約半分(21分→11分)に短縮します※5。さらに、「ガスブースター」が不要になるため、従来品よりも機器本体の全幅を約22%削減(880mm→690mm)することで設置性を向上させるとともに、電気ヒーター等を不要にすることで、従来品よりも洗浄タンク内を清掃しやすくしました。

東京ガスと細山熱器は、2013年に「エコンバスター」を開発しました。また、日本洗浄機は、機器表面の輻射熱や燃焼排気の拡散を改善し、厨房空間を涼しい状態に維持することができる「涼厨(すずちゅう)」タイプ※6の業務用食器洗浄機を2008年に開発・発売しています。
このたび、東京ガス、細山熱器、日本洗浄機の3社は、食器洗浄機が業務用厨房機器の中でも最も多くの熱エネルギーを使う機器の1つであることに着目し、「エコンバスター」の技術を「涼厨」タイプの業務用食器洗浄機に活用することで、温水の加温・保温のさらなる高効率化と、設置性、清掃性などの一層の向上を実現しました。

日本洗浄機は、本製品を2014年度に100台販売することを目指し、東京ガスも営業を推進してまいります。

東京ガス(株)
http://www.tokyo-gas.co.jp/Press/20140213-01.html

日本洗浄機(株)
http://www.n-sen.com/

この件に関するお問い合わせは下記までお願い致します。
http://www.hosoyama.co.jp/contact/
前のページへ 次のページへ

▲ページのトップに戻る

ホームお知らせ会社案内